小児整形外科このページを印刷する - 小児整形外科

診療紹介

orthope_photo1.jpg






 

小児整形外科で対象とする疾患は以下のような疾患です。

「股関節疾患」
…先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、単純性股関節炎など

「足部疾患」
…先天性内反足、外反扁平足、麻痺性足部疾患など

「下肢疾患」
…O脚、X脚、歩行異常、脚長差など

「手指疾患」
…多指症、合指症、バネ指、強直母指など

「麻痺性疾患」
…脳性麻痺、二分脊椎など

「脊椎疾患」
…側彎症、筋性斜頚など

「炎症性疾患」
…化膿性関節炎、骨髄炎、関節リウマチなど

「腫瘍性疾患」
…骨腫瘍、軟部腫瘍など

「外傷」
…骨折、靱帯損傷など 

診療理念

小児整形外科では、以下の理念に基づいて診療を行っております。 

1.小さな侵襲

  • 当院ではX線検査は最小限となるように努めています。また、超音波検査やMRIなどの非放射線検査を積極的に取り入れています。
  • 低侵襲の手術:内視鏡手術や小皮切での手術を心がけています。 

2.泣かせない診療

  • 種々の診療処置において、疼痛と恐怖心の除去に努めています。
  • 泣かずに受けられる診療が、より良い治療結果をもたらすと考えています。 

3.情報公開

  • セカンドオピニオンの積極的な活用に賛同します。
  • 研究会、学会において施設の治療成績を積極的に公表し、批評を受けます。

スタッフ紹介

staff_h-yokoi.jpg

横井広道 よこい ひろみち

小児整形外科医長
 

●小児整形外科

 

整形外科学会専門医/身体障害者福祉法指定医/リハビリテーション学会専門医
 

小児の年齢を考慮し、身体と心の発育に応じた、優しい医療を心掛けています。