小児神経内科このページを印刷する - 小児神経内科

診療紹介

neuro_photo

四国こどもとおとなの医療センターの小児神経内科は、発達期の神経・筋疾患を診察しています。
てんかんの治療には、ビデオ・脳波同時記録を行い、発作時脳波を記録し、正確な診断と治療に役立てています。
脳性麻痺の治療については、リハビリテーション(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)とボツリヌス療法を行っています。

主要な疾患について

急性疾患としては、急性脳炎・脳症、髄膜炎(細菌性、ウイルス性、真菌性)、熱性痙攣、痙攣重績症、末梢神経炎等を診察しています。 慢性疾患としては、精神発達遅滞、脳性麻痺、てんかん、筋ジストロフィー症、学習障害、自閉症等を診察しています。

スタッフ紹介

staff_y-kirino.jpg

桐野友子 きりの  ともこ

重心神経筋医療センター副部長、小児神経内科医長
 

●小児神経、リハビリテーション

 

小児科学会専門医/小児神経学会専門医/身体障害者福祉法指定

 

staff_y-fujiwara.jpg

土肥由美 どひ  ゆみ

小児神経内科医師
 

●小児科、小児神経

 

小児科学会専門医/小児神経学会専門医

 

staff_t-fujii.jpg

藤井朋洋  ふじい    ともひろ

小児科医師
 

● 小児科、小児神経

 

小児科学会専門医

 

staff_m-nagai.jpg

永井盛博 ながい   しげひろ

小児神経内科医師(非常勤)
 

●小児科、小児神経

 

小児科学会専門医/小児神経学会専門医/日本てんかん学会専門医