小児循環器内科このページを印刷する - 小児循環器内科

診療紹介

circulat_photo1.jpg

小児循環器内科では、その診療範囲の大部分を先天性心疾患が占めています。先天性心疾患の診断精査がその主軸でありますが、心臓手術を要する患者様の術前術後管理も小児心臓血管外科と協力しながら対応しております。その他にも川崎病、肥大型・拡張型心筋症、不整脈、急性心筋炎、弁膜症、心原性失神、胸痛、学校心臓検診など、多岐にわたり小児循環器疾患を診断治療しています。当科の特徴のひとつに患者出身地の広域性があり、香川県を主体に、高知県、愛媛県、徳島県など様々な地域から患者様を受け入れさせて頂いています。当院では、にじいろハウス(無料宿泊施設)が併設され県外からの患者様への対応がより柔軟となりその需要は増えつつあります。当科では緊急の心疾患患者様も受け入れられるよう、24時間365日で小児循環器領域の時間外・緊急時対応可能な体制を整えています。

主要な業務について

経胸壁心臓超音波検査/経食道心臓超音波検査
経胸壁心臓超音波検査は通常外来で行える検査で、比較的患者様にストレスを与えず繰り返し心臓の構造や機能を調べることが可能です。また、超音波診断装置の高性能化および小型化に伴い、外来だけでなく病室に出向き検査することもあります。年間の経胸壁心臓超音波検査件数は3000件を超えており、必要に応じて速やかに対応しております。加えて当科では、日本超音波医学会超音波専門医の指導のもと、小児循環器疾患に対する超音波診断だけではなく、若手医師への心臓超音波検査の指導も積極的に行っています。一方で、軽微な鎮静を必要とする経食道心臓超音波検査も、診断目的および開胸術中の心血管評価目的に行っており、件数は年間50件を超えています。経食道心臓超音波検査は、心房中隔欠損症や心臓弁膜症の形態診断をはじめ経カテーテル的心房中隔欠損症閉鎖術などへも応用されており、実臨床においてきわめて有用な検査です。

心臓カテーテル検査/心臓カテーテルインターベンション(治療)
心臓超音波検査以上に高度な知識と経験が要求される検査です。従来は診断目的で施行されることが多かったのですが、近年のカテーテル技術および素材の進歩に伴い、心臓カテーテル治療も発展してきております。。患者様の生活の質向上に寄与できるようカテーテル治療のリスクベネフィットを鑑みながら、日本先天性心疾患インターベンション学会役員医師主導のもと積極的なカテーテル治療を導入することで年間治療件数は次第に増加してきております。当科では、2013年度よりASD(心房中隔欠損症)、PDA(動脈管開存症)に対するカテーテル閉鎖術の施設認定を受けており、多方面からその診療範囲が着実に拡大してきております。


 

小児不整脈疾患(ホルター心電図、トレッドミル負荷心電図)
不整脈には脈が乱れや、速い脈(頻脈)および極端に遅い脈(徐脈)があります。小児期の不整脈の多くは小中高校1年生の学校心臓検診で発見され、その多くは軽症で治療を必要としませんが、時に治療が必要な不整脈もあります。また、運動時に失神などを起こす場合は危険な不整脈が発生している可能性があるため、当科ではより細かな精査を必要とする患者様に運動負荷心電図や24時間心電図を行い、不整脈の診断をより確実なものにできるよう心がけています。
 不整脈の治療は、薬で治療する薬物療法と、カテーテル心筋焼灼術(アブレーション治療)・ペースメーカー治療・植込み型除細動器治療などの非薬物療法があります。より確実に不整脈を治療できるアブレーション治療は、専門性が高く実施できる施設は限られていますが、小児に対しても行われることが多くなっています。当科でも小児の不整脈に対するアブレーション治療が実施出来るよう2022年度から調整しております。

周産期・新生児心疾患  
2003年に総合周産期母子センターの開設と同時に、胎児心臓病に対して産科と協力して診断・管理を行っています。小児循環器内科は当院新生児科からの診療依頼にも迅速に対応するとともに、心疾患新生児についてはできる限り当科での主導管理を実施し、術前心不全管理や不整脈治療を新生児科から引き継いで対応しています。また出生前の胎児心臓超音波検査については、2010年4月から胎児心臓超音波検査が正式な専門医療行為として厚生労働省に認定され、当科では認定初期から認可施設として従事しております。現状では当院産婦人科および近隣の産科開業医の先生方と連携し、完全予約制の専門外来を設けることで出生前診断し、出征後の早期治療を計画実践できております。胎児心臓超音波外来は胎児心臓超音波認定医が担当しております。

成人先天性心疾患
成人先天性心疾患とは、小児期に中等症以上の先天性心疾患治療で治療された患者様が、成人期になってその心機能に問題が出てしまうことを意味しています。このような患者様は「成人」に到達しているため、別の成人疾患を併発した場合には「小児」循環器内科で対応が困難なこともしばしばあり他の成人科と協力して診させて頂いてはいますが、成人性心疾患への対応については「移行期医療のありかた」という観点で全国的に問題となっています。実情としては、様々な施設で成人先天性心疾患に対する専門のフォローアップ体制が構築されつつあり、当科でも2021年から成人先天性心疾患外来を開設し、先天性心疾患患者様を重点的にフォローできるよう体制を敷いております。

川崎病
川崎病は小児では比較的メジャーな疾患です。しかしながらその後遺症は極めて重篤であるため親御さんは本疾患について十分に認知しておく必要があります(参照URL:https://shikoku-mc.hosp.go.jp/news/ohisama_basics_c_vol11.html)。当院でも毎年40~60例の入院があり、急性期の治療は川崎病急性期治療のガイドラインに従って一般小児科入院にて実施されていますが、やはり後遺症を免れない患者様がおられます。そして後遺症を患った場合には、長期間にわたって内服加療や精密検査入院を含めた経過観察が必要なため、患者様の生活の質を大きく下げてしまいます。従って本症では後遺症を残さないことが大切なのですが、難治性川崎病の場合には後遺症が発生する頻度が高くなります。当科では難治性川崎病に対して高度集中治療である血漿交換療法を行っており、冠動脈に異常が出始めていた患者様も含め、本治療法を導入することで冠動脈病変の進行を食い止めることができています(ただし本治療の実施が必ず後遺症を残さない、というわけではありません)。繰り返しますが、十分に気を付けなければならない小児特有の疾患です。
 また別の問題として、川崎病罹患児で既に成人になっている方の管理ということがあげられます。1970年から1985年までの川崎病罹患例は当時の診断技術が不十分であったため、後遺症をもったまま成人期に達しています。そのような方は当科での対応が困難であり成人循環器内科での対応となるのが一般的ですが、十分な検診体制や循環器内科への連携が困難なことがしばしばあるため現在の課題となっています。

小児集中治療
小児循環器内科では、先天性および後天性心疾患による急性心不全や、心不全に随伴する呼吸不全を伴った重症な患者様に対して集中治療を実施しています。そのような患者様は、長期間にわたり集中治療室で人工呼吸管理や循環動態管理を要しますが、粘り強く全身管理を行って救命できるよう努めています。当科は呼吸循環管理を専門とするグループですので、心疾患のみならず集中治療室で濃厚な治療を要する他科の患者さんへも積極的に治療介入しております。

スタッフ紹介

寺田一也.jpg

寺田一也 てらだ  かずや

成育内科系診療部長、感染制御対策部長

●小児循環器、胎児心臓学

小児科学会専門医・指導医/卒後臨床研修指導医/小児循環器学会専門医・評議員/胎児心エコー認証医/ICD協議会認定ICD/結核・抗酸菌症認定医/身体障害者福祉法指定医

地域に根ざした患者さん主体の小児循環器医療をがんばっていきます。よろしくおねがいします。

 

大西達也.jpg

大西達也 おおにし   たつや

成育内科系診療副部長、小児循環器内科医長

●小児循環器病学、小児カテーテル治療、超音波診断学、小児集中治療

小児科学会専門医・指導医/小児循環器学会専門医・ 群内修練施設指導責任者/日本超音波医学会循環器超音波専門医/日本心エコー図学会Structural Heart Disease(構造的心疾患)心エコー図認証医/日本先天性心疾患インターベンション学会幹事/心房中隔欠損症閉鎖栓施行術者/動脈管開存症閉鎖栓施行術者/卒後臨床研修指導医/身体障害者福祉法指定医/災害派遣医療チーム(DMAT)隊員

地元香川の小児医療に貢献できるよう努めます。

 

宮城雄一.jpg

宮城雄一 みやぎ  ゆういち

小児循環器内科医師、災害対策室長

●小児循環器、小児集中治療、カテーテル治療

小児科学会専門医/卒後臨床研修指導医/DMAT隊員

子供により良い医療が提供できるように頑張りたいと思います。 

 

福留啓祐.jpg

福留啓祐  ふくどめ けいすけ

小児循環器内科医師

● 小児科、小児循環器

小児科学会専門医

 

奥貴幸.jpg.jpg

奥貴幸  おく たかゆき

小児循環器内科医師

● 小児科、小児循環器

 

米原恒介.jpg

米原恒介  よねはら こうすけ

小児科医師

● 小児科、小児循環器

小児科学会専門医