消化器内科このページを印刷する - 消化器内科

診療紹介

 消化器内科.jpg

当科は、食道から肛門に至る全消化管および肝臓、胆嚢、膵臓の病気の診断と治療を行っています。

主要な疾患について

主な病気としては、逆流性食道炎、食道潰瘍、食道静脈瘤、食道癌、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃癌、クローン病・潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、細菌性腸炎、虫垂炎、虚血性腸炎、大腸ポリープ、直腸・大腸癌、痔核、ウィルス性肝炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝、肝硬変、肝臓癌、胆石、胆嚢炎、胆管結石、胆嚢癌、胆管癌、膵炎、膵臓癌、腸閉塞(イレウス)、急性腹症等があり、多岐にわたっています。

主な検査としては、食道・胃透視、注腸検査(大腸透視)、腹部超音波検査、上部・下部消化管内視鏡検査、腹部血管造影、肝生検などを行っています。特に、内視鏡検査は年間に、上部約1800件、下部約800件行っています。

主な治療としては、内視鏡的治療として、吐血・下血などの消化管出血に対する止血術、胃・大腸ポリープ切除術、早期胃・大腸癌切除術、食道静脈瘤硬化療法・結札術、総胆管結石採石術、異物摘出術、狭窄拡張術などを行っています。他に、慢性肝炎に対する抗ウイルス薬、インターフェロン治療、肝癌に対する肝動脈塞栓療法・ラジオ波焼灼術、潰瘍性大腸炎に対する血球成分除去療法等の高度専門的治療を行っています。

スタッフ紹介

staff_k-rin.jpg

林 亨 はやし とおる

消化器内科医長
 

総合内科専門医/消化器がん検診認定医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本消化器内視鏡専門医・指導医

 

staff_k-tetsuka.jpg

手束一博 てづか  かずひろ

内科医長
 

日本消化器内視鏡学会専門医

 

endocrine_staff0.jpg

新居徹 にい とおる

消化器内科医師
 

日本内科学会認定医/日本消化器病学会消化器病専門医/日本消化器内視鏡学会専門医