教育目的・目標

教育目的

看護師として、必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献しうる有能な人材を育成する。


教育目標

  1. 人間を尊厳ある存在、また身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する能力を養う。
  2. 人間を成長・発達する存在として理解する能力を養う。
  3. 人々の健康を自然・社会・文化的環境とのダイナミックな相互作用の観点から理解する能力を養う。
  4. 人々の生活の場や健康状態に応じて科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  5. 人々のQOLを高めるために対象の個別性に応じた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  6. 人々の多様な価値観を認識し、専門職業人として倫理に基づいた誠実な看護が実践できる基礎的能力を養う。
  7. 人々が社会資源を活用できるように、保健・医療・福祉制度を総合的に理解し、調整する能力を養う。
  8. 専門職業人として、自己啓発し主体的に学習活動に取り組む態度を養う。

学校紹介

キャンパスライフ

入学試験

卒業生の方へ