カリキュラム

授業計画

年間スケジュール

内 容
第1学期4月入学式/宿泊研修/新入生歓迎会/領域別実習
5月健康診断/看護の日記念行事/学生フォーラム/領域別実習
6月防火訓練/AMCCH学会/基礎看護学実習Ⅱ
7月オープンカレッジ/領域別実習/夏季休業
8月夏季休業/オープンカレッジ/領域別実習
9月中国四国看護研究学会/領域別実習/統合実習
第2学期10月誓いの式/領域別実習/統合実習
11月学生祭/領域別実習/統合実習
12月基礎看護学実習Ⅰ/クリスマスボランティア活動/冬季休業
1月解剖見学/香川県看護学会/領域別実習
2月看護師国家試験/全学年交流会/領域別実習
3月卒業式/領域別実習/春季休業

カリキュラム一覧表

授業期間

学期区分授業期間
第1学期4月1日~9月30日
第2学期10月1日~3月31日

授業時間割

時 限時 間
1時限8時45分~10時15分
2時限10時30分~12時00分
3時限13時00分~14時30分
4時限14時45分~16時15分

※臨地実習については8時30分~16時30分

実務経験のある教員等による授業科目の一覧表

授業および実務経験一覧

基礎分野

※各科目名をクリックするとその科目のシラバス(xlsファイル)をダウンロードすることができます。

科目学年単位時間数期間講師実務経験の有無
物理学1130第1学期非常勤講師
日本語表現法1115第1学期非常勤講師
情報科学1130第2学期非常勤講師
英語1130第1学期非常勤講師
英会話2130第1学期非常勤講師
看護英語3115第1学期非常勤講師
哲学1115第1学期非常勤講師
心理学1130第1学期非常勤講師
人間と社会1130第1学期非常勤講師
発達と教育3130第1学期非常勤講師
人間関係論1115第2学期非常勤講師
カウンセリング論3130第1学期非常勤講師
体育1130第1学期非常勤講師

専門基礎分野

科目学年単位時間数期間講師実務経験の有無
形態と機能Ⅰ
(脳・神経、運動器)
1130第1学期医師
形態と機能Ⅱ
(呼吸器、循環器、血液)
1130第1学期医師
形態と機能Ⅲ
(消化器、内分泌)
1130第1学期医師
形態と機能Ⅳ
(腎・泌尿器、生殖器)
1115第1学期医師
生化学1130第1学期非常勤講師
病理学総論1130第2学期医師
非常勤講師
疾病・治療論Ⅰ
(脳・神経、感覚器)
1130第2学期医師
非常勤講師
疾病・治療論Ⅱ
(呼吸器、循環器、血液・造血器)
1130第2学期医師
非常勤講師
疾病・治療論Ⅲ
(消化器、内分泌)
1130第2学期医師
疾病・治療論Ⅳ
(腎・泌尿器、生殖器)
1115第2学期医師
疾病・治療論Ⅴ
(運動器、リハビリテーション)
1130第2学期医師
理学療法士
病態診断学1115第2学期医師
臨床検査技師
病態治療学1130第2学期医師
栄養学1115第2学期栄養士
薬理学1130第2学期薬剤師
微生物学1130第1学期臨床検査技師
保健医療論3115第1学期非常勤講師
医療福祉論3115第2学期非常勤講師
生命倫理3115第2学期非常勤講師
関係法規Ⅰ
(法令)
3115第1学期事務職員
関係法規Ⅱ
(事例検討)
3115第2学期加藤 かすみ
公衆衛生学3130第1学期非常勤講師

専門分野Ⅰ

科目学年単位時間数期間講師実務経験の有無
看護学概論1130第1学期加藤 かすみ
看護理論1115第2学期粟井 京子
共通基本技術Ⅰ
(環境と安全)
1130第1学期石松 如子
近藤 三枝
共通基本技術Ⅱ
(対象の把握)
1130第1学期田所 正春
共通基本技術Ⅲ
(看護過程の展開)
1130第2学期細谷 ゆかり
日常生活援助技術Ⅰ
(活動・休息)
1115第1学期橋本 忍
日常生活援助技術Ⅱ
(清潔・衣生活)
1130第1学期松岡 美奈子
日常生活援助技術Ⅲ
(食事・排泄)
1130第2学期横山 里佳子
診療補助技術1115第2学期松岡 美奈子
基礎看護援助論Ⅰ
(治療別看護)
1130第2学期新居 由美子
基礎看護援助論Ⅱ
(経過別・症状別看護)
1130第2学期藤川 幸子
石松 如子

専門分野Ⅱ

科目学年単位時間数期間講師実務経験の有無
成人看護学概論1130第2学期橋本 笑子
成人健康科学1115第2学期横山 里佳子
成人看護援助論Ⅰ
(呼吸器)
2130第1学期石松 如子
看護師
成人看護援助論Ⅱ
(循環器)
2130第1学期看護師
成人看護援助論Ⅲ
(消化器)
2130第1学期石松 如子
看護師
成人看護援助論Ⅳ
(代謝・内分泌)
2130第2学期近藤 三枝
看護師
成人看護援助論Ⅴ
(血液・造血器、女性生殖器、自己免疫)
2130第2学期橋本 忍
看護師
老年看護学概論1130第2学期髙﨑 麗華
老年看護援助論Ⅰ
(運動器)
2130第1学期髙﨑 麗華
看護師
老年看護援助論Ⅱ
(脳・神経)
2130第1学期看護師
非常勤講師
老年看護援助論Ⅲ
(腎・泌尿器)
2115第1学期看護師
小児看護学概論1130第2学期橋本 忍
小児看護援助論Ⅰ
(日常生活援助)
2115第1学期新居 由美子
小児看護援助論Ⅱ
(健康障害と看護技術)
2130第2学期医師
藤川 幸子
小児看護援助論Ⅲ
(健康段階別看護)
2130第2学期看護師
母性看護学概論1130第2学期近藤 三枝
母性看護援助論Ⅰ
(正常経過)
2130第1学期看護師
母性看護援助論Ⅱ
(ハイリスク)
2115第1学期医師
母性看護援助論Ⅲ
(看護技術)
2130第1学期粟井 京子
精神看護学概論2130第1学期田所 正春
精神障害論2115第1学期医師
精神看護援助論Ⅰ
(精神障害看護)
2130第1学期非常勤講師
精神看護援助論Ⅱ
(看護技術)
2130第1学期非常勤講師

統合分野

科目学年単位時間数期間講師実務経験の有無
在宅看護概論2130第1学期非常勤講師
在宅看護援助論Ⅰ
(生活援助)
2115第2学期非常勤講師
在宅看護援助論Ⅱ
(医療的管理)
2130第2学期細谷 ゆかり
在宅看護援助論Ⅲ
(状態別看護)
3130第1学期非常勤講師
災害看護2130第2学期吉川 明美
非常勤講師
臨床看護の実践319第1学期看護師
臨床看護の実践6看護師
臨床看護の実践15藤川 幸子
看護研究2115第2学期橋本 笑子
看護研究演習3130第2学期吉川 明美

履修規程について

単位認定について

単位の認定については、学則第19条及び学則細則第9条に定めます。
内容は以下の通りです。

学則

第19条(授業科目の評価及び単位修得の認定)
  1. 単位修得の認定は、講義、実習等に必要な時間の取得状況と当該科目の評価により行う。
  2. 出席時数が授業時数の3分の2に達しない者は、その科目について評価を受ける資格を失う。
  3. 授業科目の評価は優(80点以上)、良(70点から79点)、可(60点から69点)及び不可(60点未満)とし、可以上を合格とする。
  4. 病気その他やむを得ない理由により試験を受けることのできなかった者又は不合格の者に対しては、追試験又は再試験を行うことができる。

学則細則

第9条(授業科目の評価及び単位修得の認定)
  1. 学則第19条の授業科目の評価及び単位修得の認定に関する事項は、履修規程に定める。
  2. 学則第19条第2項に該当する者は、当該科目の再履修を行い、評価を受ける。ただし、次年度の教育計画に基づき再履修が困難な場合は、原級に留まり再履修を行うことができる。
  3. 学則第19条第4項に規定する試験は、授業科目が講義及び演習又は実習及び実技による場合に行う試験とする。また、追試験、再試験は当該年度において当該科目1回を限度とする。
  4. 臨地実習の科目評価は、所定の実習評価表に基づき行う。
  5. 臨地実習において、出席時数が教育課程計画時数の3分の2に達しない者は、追実習を行うことができる。
  6. 臨地実習の科目評価が不合格の者は、再実習を行うことができる。
  7. 追試験、再試験、追実習、再実習を受けようとする者は、所定の手続きを経て、追試験料、再試験料、追実習料、再実習料を納めなければならない。その額は、学生納付金等納入に関する規程に定める。

卒業要件について

学則第25条に則り、学校長は、学則第18条に定める授業科目の単位修得の認定を受けた者について、学校運営会議の議を経て、卒業を認定します。また、卒業認定に関しては、学則細則第16条第1項に則り、次の各号の全てを満たす場合に認定します。

  1. 本学校に定める授業科目、単位を履修した者
  2. 授業科目(臨地実習を含む)の各々の単位を認定された者
  3. 修業年限3年、または在学年限内の者
  4. 出席すべき日数が授業日数の3分の2以上の者

学則

第18条(授業科目、単位数及び時間数)
  1. 本学校における授業科目、単位数及び時間数は、別表のとおりとする。別表PDF
  2. 別表中、講義及び演習については15時間から30時間、実験、実習及び実技については30時間から45時間、臨地実習については45時間をもって1単位とする。
第25条(卒業)
学校長は、第18条に定める授業科目の単位修得の認定を受けた者について、学校運営会議の議を経て、卒業を認定する。

学則細則

第16条(卒業、卒業延期、留年)
学則第25条に定める卒業の認定は、欠席日数が出席すべき日数の三分の一を超える者について、原則として卒業を認めない。

成績管理について

本校の単位の認定については学則第19条及び学則細則第9条に定めており、出席時数が授業時数の3分の2に達しない者は、その科目について評価を受ける資格を失うこと、授業科目の評価は優(80点以上)、良(70点から79点)、可(60点から69点)、不可(60点未満)とし、可以上を合格とすることとしています。さらにGPA(Grade Point Average)を導入して、GPAを確認することで本校の教育の質を見直し向上を目指しています。学生においては自分の全成績を数値化することで、その年の学習成果や翌年度の数値目標を立て自主的に学習していくことが望まれます。

1)GPA算定など客観的指標の設定

授業科目の評価は、優(80点以上)、良(70点から79点)、可(60点から69点)、不可(60点未満)とし、可以上を合格とします。GPA算定する場合は以下のポイントで算出します。
GPAの対象科目は、学則の別表に示したすべての科目を登録科目とします。ただし、入学前既修得科目の認定を受け、履修取消しとなった場合は、GPAの対象外として算出します。

区分評価評点ポイント(GP)
合格 秀 (S)90点~100点4
 優 (A)80点~ 89点3
 良 (B)70点~ 79点2
 可 (C)60点~ 69点1
不合格不可 (D)60点未満0
履修取消しW(Withdrawal)GPA計算対象外
GPA=(登録した科目の単位数×当該科目の(GP)の合計
登録した科目の単位数合計(不可を含む)

【GPAの目安】

  • 3.5:極めて優秀
  • 2.9~3.2:優秀
  • 2.4~2.8:平均
  • 1.0~2.0:努力が必要

2)再履修科目の取扱いについて

再実習や再試験に関して合格した場合は「可」が評価となりますが、再履修に関しては、再履修によって得た成績がそのままの成績になります。

3)GPAの状況について

平成30年度GPA分布
平成30年度分野別GPA

学校紹介

キャンパスライフ

入学試験

卒業生の方へ