行事

平成30年度
オープンカレッジ
「公開講座」

教員 藤川 幸子

今年度は、『Find Your Dream ~つながれ! 看護の夢に~』をテーマとして、3年生と教職員の団結のもと、平成30年7月15日(日)と8月25日(土)の2日間開催しました。県内外の高校生、大学生、社会人、保護者、合計267名の方々が参加してくださいました。


H30年度オープンカレッジ学校紹介場面参加者

今年の公開講座は、猛暑の夏にふさわしい「熱中症を防ぐには」というテーマで行いました。内容は、看護学校の授業内容でも教えている、人体の熱調整の仕組みや熱中症を引き起こす要因、重症度別の症状、熱中症を疑った時の対応方法、予防対策としました。

特に、熱中症を疑った時の対応方法については、3年生の協力の元、動画を作成し、分かりやすいように工夫をしました。参加者からは、「日頃注目されているテーマで、とても興味があり集中して聴くことができた」「映像やイラストが多く、熱中症の対応方法がよく分かった」「高校での授業より詳しく知ることができた」「熱中症の人を助ける機会があればやってみようと思った」などの感想をいただきました。また、「より一層看護師になりたいと思った」という感想もあり、参加者の看護に対する興味関心を高められたのではないかと思います。オープンカレッジの開催によって、本校の魅力が伝わり、学生確保に繋がっていくことを願っています。

オープンカレッジでの経験を振り返って

企画・運営 3年生 中川 裕加

H30年度オープンカレッジ座談会場面

今年は、できるだけ多くの方が、オープンカレッジをとおして看護の素晴らしさや、看護師になる夢を抱いていただけることを願い、「Find Your Dream ~つながれ看護師への夢に~」をテーマとして開催しました。3年生76名全員で協力し、参加してくださった方々の思いに応えられるよう役割分担し、各自が自覚と責任をもって行動できるよう努めました。参加者の方々が私たちの説明を真剣なまなざしで聞いて下さったり、私たちの声かけに対して「ありがとうございます。」と笑顔でお礼を言ってくださったことで、一生懸命準備し取り組んできて良かったという気持ちでいっぱいになりました。日頃の臨地実習の中で、患者の立場に立って考え行動するということを大切にしているため、今回の企画・運営という役割の中では、参加される相手のことを思い、自分がどのように行動していけば良いか、様々な状況を想定し深く考え実施しました。この経験を通して、視野を広く持って周囲を見て行動することはリーダーシップには不可欠なことであり、また、メンバーとより良い関係性も構築できることを実感できました。


このオープンカレッジをとおして団結し、協働しながら様々なことを乗り越えていく力の必要性を実感しました。まだまだ微力ですが、全員でその力を強化していき、今後の実習や国家試験の学習で発揮できるよう頑張っていきたいと思います。猛暑の中、今回ご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。


2018オープンカレッジベッド上移動場面 オープンカレッジ 高校生と沐浴体験

学校紹介

キャンパスライフ

入学試験

卒業生の方へ