行事

誓いの式を終えて

集合写真

1年 渡辺将弘

令和元年10月2日、第23期生79名は、卒業校の諸先生方や学校関係者の皆様、そして家族に見守られながら、誓いの式を挙行しました。誓いの式を迎えるにあたっては、第23期生1人1人が学んできた看護について振り返り、目ざす看護師像をひまわりで表現しました。ひまわりの花言葉は「憧れ」です。そのため、自分の目指す看護師になれるよう、太陽に向かって咲くひまわりのように、目標に向かってまっすぐ育つという意味を込めました。誓いの式当日は、第23期生全員でナイチンゲール像から灯火を受け継ぎ、ナイチンゲール誓詞を斉唱しました。そして、第23期生の誓いのことばである「責任感」「誠実」「感謝」を述べ、専門職業人として責任を持って感謝を忘れず学習に励み、看護師を目指す決意を新たにしました。


足浴

誓いの式の後に行われた看護技術発表会では、これまで学習してきたベッドメーキング、車椅子移乗、足浴の技術を発表しました。いつも応援して下さっている、卒業校の諸先生方や家族の前で技術を発表するのは緊張しましたが、拍手やお褒めの言葉を頂いたことが、さらなる技術の習得に向けた励みになりました。


ひまわり

誓いの式の実行委員として取り組む中で、準備は大変でしたが、先生方や仲間達に助けてもらい、自分の役割が発揮できたことを感謝しています。自分達の掲げた目指す看護師像に近づけるよう、3年間努力し続けようと思っています。これから悩んだり苦しんだりすることがあるかもしれませんが、第23期生全員で協力し、ひまわりのように目標に向かって邁進していきたいと思います。

学校紹介

キャンパスライフ

入学試験

卒業生の方へ