厚生労働省 慢性疼痛診療体制構築モデル事業についてこのページを印刷する - 厚生労働省 慢性疼痛診療体制構築モデル事業について

本モデル事業は、厚生労働省の「慢性の痛み政策研究事業」の一環として実施されており、四国内の慢性疼痛診療において、プライマリ・ケアを担当していただいている診療所から高度医療を提供できる総合病院までの診療科や職種の垣根を越えた診療連携ネットワークの構築、ならびに連携の際に関わる専門医療者(痛みコーディネーター)の人材育成を目的としています。