透析センターこのページを印刷する - 透析センター

透析センターのご紹介

口絵イメージ

当院における透析は、国立善通寺病院であった昭和47年6月2日から血液透析を開始し、 現在に至る香川県における透析医療においてもその先駆けとなりました。平成14年は血液透析に個人用透析装置は9床であったのが、患者数の増加に伴い施設の増設・拡大しました。

透析関連の合併症については、シャント狭窄に対してPTA(経皮的血管形成術)を行い、患者さんに負担の少ないインターベンションを中心とした治療を行っています。

四国こどもとおとなの医療センターに移行し、透析装置は20床に増加し、HD、オンラインHDFを施行しています。さらに、そのうちの1床は重傷感染症に対応できるよう個室とし空調設備が整っています。 また最新の透析装置を導入したことで、オンラインHDFなど新しい透析療法への対応が可能となり、今後順次導入していく予定です。  当院では多くの診療科とその専門医師、また充実した検査・治療システムを有しており、様々な合併症に対して各診療科と連携の上対応していき、透析患者さんの予後の向上に努めていきたいと考えています。

スタッフ紹介

endocrine_staff0.jpg

甲藤和伸 かっとう かずのぶ

透析センター科長、泌尿器科医長
 

日本泌尿器科学会専門医・指導医/日本透析医学会専門医/腹腔鏡・がん治療認定医

 

 瀬戸太介.jpg

瀬戸太介 せと だいすけ

泌尿器科医師
 

 

市原-興基.jpg

市原興基 いちはら こうき

泌尿器科医師