院長あいさつこのページを印刷する - 院長あいさつ

DSC_0208.jpeg  
 当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。病院長として、ひと言ご挨拶申し上げます。

 当院は、141施設からなる日本最大の病院グループである独立行政法人国立病院機構(NHO)の病院として、2013年に主として成人医療を提供していた善通寺病院と、小児・成育医療を提供していた香川小児病院を統合し、新たに発足した病院です。その名前が表す通り、‘誕生’から ‘看取り’まで、そして重症心身障がいのある方にも、あらゆる世代の患者さまに良質で安全な医療を提供し、地域に貢献することを理念としております。当院の起源は、1897年に旧陸軍第11師団の衛戍病院として開設された2つの病院に遡り、120年以上の歳月を経て現在に至っています。現在小児・成育医療は、香川県の総合周産期母子医療センター、小児救命救急センターとして、‘病めるすべてのこどものために’という理念を受け継ぎ、香川県、愛媛県東部、徳島県西部の患者さまに、幅広い専門医療、救急医療、重症心身障がい児(者)医療を提供しています。成人医療は香川県西部医療圏の中核病院として、脳卒中・循環器病センター、骨・運動器センター、女性医療センター、透析センターに加えて、新たに痛みの医療センターを開設しています。また、NHO病院の重要な使命である臨床研究、教育研修にも積極的に取り組んでおり、成育医療、循環器病を中心とした医療の質を高めるための臨床研究、併設する看護学校における看護学生の教育や医学生の長期臨床参加型実習、初期研修医、専門研修医の教育にも病院全体で対応しています。

 始めて当院を訪れた方は、当院の外壁に施されたカラフルなアート(クスノキのこどもと親の木)に少し驚かれるかもしれません。当院は開院当初より、安心・安全で高度な医療を提供すると同時に、患者さまに癒しや安らぎ、喜びを感じていただけるような環境を提供し、患者さまの回復力を高めていきたいという願いから、ホスピタルアートを推進すると共に、ボランティアの方々のご協力による様々な活動を継続して参りました。当院のホスピタルアートに関しての詳細は、特集ホスピタルアートをご覧ください。

 当院の理念である ‘わたしたちは あたたかいこころと思いやりをもって いつもみなさまと共にあゆみます’ は、当院が地域の患者さまから信頼され、地域の医療機関の皆さまから頼りに思っていただき、医療や看護をめざす若い人たちから働きたいと思われる病院として、‘高い専門技能’と‘患者さまを思うこころ’の両面を絶えず向上させ、地域医療に貢献したいという職員の思いを表しています。皆さまの人生に寄り添う大切な病院となれるよう絶えず努力して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 横田 一郎
 

■令和3年度を迎えてのご挨拶 ―ピンチをチャンスに―

〈2021年4月〉

 4月、令和3年度が始まりました。
 昨年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応で、日本中が不安と緊張の闇に包まれた1年でした。香川県でも年末年始に何度もクラスター発生に見舞われ、当院からも災害医療チーム(DMAT)を対象施設に派遣いたしました。県の対応基準が感染拡大防止対策期に上げられ、病床の逼迫が危惧されました。そんな中、暗いトンネルを抜ける希望の光であるワクチンが日本でも承認され、安全性を調査するために全国100病院での先行接種が始まりました。当院も香川県で唯一の先行接種病院として、調査研究事業への参加に同意した354名に接種を行い、健康観察結果を報告しました。感染が再拡大する中ですが今後、医療従事者への優先接種、高齢者、基礎疾患をもたれた方への接種から一般の方への接種に進み、この厄介な感染症ができるだけ早期に収束し、安心して通常の医療が提供できるようになることを願っています。
  一方で、COVID-19による受療行動の変化は、地域の病院に大きな影響をもたらしました。入院・外来患者数の減少による診療収益減と感染対策のための費用増というダブルパンチは、各病院の経営を直撃しています。しかしながら、地域中核医療機関として、地域の皆様に必要な医療を提供するためには、このピンチをチャンスととらえ、感染収束後のアフターコロナ時代を見据える必要があると考えています。
 そのような観点から、当医療センターは以下の3点を今年度の病院目標として、職員一同で目標に向かって地道に努力していきたいと思います。

①自ら考え、自らを変革し、時代の要請に適応した病院となる。
 COVID-19による生活や受療行動の変化は、医療に対する需要にも大きな影響を与えています。変化する医療ニーズに適応するためには、私たちが自ら考え、自らを変革していく必要があります。今後地域で必要とされている医療を提供するために不足している診療体制は充足し、他院にない専門性はより強化していきたいと思います。また、香川遠隔医療ネットワーク(K-MIX)やオンラインによる診療、面会など、医療のICT化の流れは加速すると思われ、先を見据えた対応が必要と考えています。

②患者さん・職員・地域に安心・安全・元気を届ける病院となる。
 今年度最大の目標は、COVID-19を収束させ、安心・安全な生活を取り戻し、患者さん・職員・地域が元気になることだと思います。ワクチン先行接種に続き、地域の医療従事者の方の優先接種など、当院の役割を着実に果たして参ります。また、患者さんに安心・安全な医療を提供するために、医療安全体制を再度徹底いたします。同時に、こころを元気にする地域に必要不可欠なインフラとして、敷地内レストランや院内療養環境を改善し、地域住民の皆様や地域医療機関・行政との協同を強化し、“地域を支援する病院” として認めていただけるよう努めたいと思います。

③人材育成とチーム医療推進により、働き方を改革する病院となる。
 働き方改革関連法が施行され、医療の世界でも改革は待ったなしです。長時間労働は注意力、集中力の低下を招いて、患者さんのためにならない面も多々あります。人材育成・業務改善・チーム医療推進・ICTの活用を進めて業務効率を向上させていきたいと思います。同時に、私たち医療人だけでなく、地域の皆さま方と一緒にこの問題を考え、本当に必要な医療を本当に必要な時に受けられる医療体制が地域で続けられるよう、病院と地域の皆さまとで良い知恵を絞っていけたらと思います。

 病院は、病気になって困っている患者さんを助け、元気になっていただくための場所です。そのためには、常に時代と同じ歩幅であゆみ、自分たちを変えていく必要があります。院長として、当医療センターがより皆さまのお役に立てるよう引き続き役割を果たして参ります。令和3年度もどうぞよろしくお願いいたします。

■新年のご挨拶 ―ウィズコロナ時代に向けて―

〈2021年1月〉

 新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は、中国武漢を震源地として急激に拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応で、まさに全世界が闇の中に閉ざされ、先が見えない不安の中でもがき続けた1年ではなかったかと思います。香川県においても、新年度が始まってまもなく県独自の緊急事態宣言が行われたのを初め、2度3度と感染者の急増が経験されてきました。

 当院も、香川県における小児・周産期領域の重点医療機関としての役割を与えられ、また香川県西部医療圏の救急医療の一翼を担う協力医療機関として、職員一同初めて経験する感染症への対応を現場で毎日続けていく重苦しい緊張感の中で、同時に、同じように新型コロナへの不安を抱えながら様々な病気に困っておられる患者様に、不安に寄り添いながら今まで通りの医療を提供できるよう努めてまいりました。

 この間、感染対策のためとはいえ、入院患者様およびご家族の皆様方には、面会禁止、制限の措置を取らなければならない状態であり、とくに重症心身障碍児(者)病棟ではずっと面会禁止が継続され、結果として長期間にわたり不安や寂しい思いをおかけしてきたことを深くお詫びいたします。また外来患者様には、受診時の体温測定や問診など、お手間をいただいておりますが、皆様方が安心して病気の療養に当たることができますよう、引き続きご面倒をおかけすることをお許しください。昨年末には東京や大阪で過去最高の感染者数が連日報道され、まさに第3波襲来の厳しい状況となりましたが、その中で、開発中ワクチンの有効性が報道されて早期接種開始への期待が高まり、かすかな光明を見いだすことができました。暗いトンネルの中でも賢明に努力を続け、その先に希望の光が少しずつ明るさを増してきていることを祈っております。

 本来明るい1年を思い描くべき新年のご挨拶にもかかわらず、厳しい状況にありますが、当院職員一同、地域医療機関としても使命と役割を忘れず、本年も皆様のために精一杯職務に励みたいと思っています。今年度の当院の病院目標は、①専門職としての誇りと使命感の醸成 ②人材育成・業務改善・チーム医療推進による働き方の改革 ③患者さん、職員、地域が元気になる病院 としてきました。とくに、このような状況であればこそ、③の目標が少しでも前進できるよう努めたいと思っています。

 新型コロナウイルスと向き合って生きる“ウィズコロナ”時代がしばらく続くならば、皆が穏やかに過ごせるよう地域医療を守っていくためには、病院職員はもとより、地域連携医療機関の先生方、また地域の皆様方と共に、皆が明るい気持ちになり、元気を取り戻すことが何よりも必要です。当院が地域に開かれた病院として、連携医療機関の先生方から患者様をご紹介いただき、専門的、適切に治療してまた地域の先生方にお任せして、患者様からも先生方からも信頼される病院、地域の皆様に親しまれ、必要とされる病院として存続していくために、今後も医療体制の充実に努めると共に、昨年は様々な制約があった連携医療機関の先生方、行政の方との合同研修会など様々な連携、K-MIXなどICTの活用による情報交流、病院フェスティバル、公開講座、出前講座、アートプロジェクトなど地域住民の方への情報発信を今年は強化していけたらと思っています。  

 “アフターコロナ”の時代が早く来ることを祈念しつつ、本年も当院に変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

■令和2年度を迎えてのご挨拶

 〈2020年4月〉

 4月、令和2年度が始まりました。
 例年ですと、温かい日差しと満開の桜の中、新しい環境への期待に胸を膨らませた新入生や新社会人を歓迎する入学式、入社式が各所で行われ、皆が新年度に向けた意気込みを新たにする頃です。しかしながら、この4月は新型コロナウイルス感染症への対応で、入学式、入社式は軒並み自粛となり、当院の附属看護学校でも、看護職への第一歩を踏み出した新入生を入学式という晴れやかな舞台で歓迎することを断念せざるを得ませんでした。
 今後、ウイルス感染も少しは落ち着きを見せ、日本中が少しでも明るい前向きな気分になっていることを祈るばかりです。当医療センターも、このような環境の中で、地域中核病院としての与えられた使命を着実に果たしていけるよう、職員一同気持ちを新たにしていかなければならないと思っています。
 今年度、当医療センターは以下の3点を病院目標としており、それぞれの職員が目標に向かって地道に努力していきたいと思います。

①専門職としての誇りと使命感の醸成
私たち病院職員の多くは、国家試験を受けて資格を得た専門職です。また、医療職以外の事務職や医療クラーク等全ての職員は、病院という組織で働くための専門的知識をもって仕事に当たっています。私たちが全員、自分たちの専門性を誇りとし、使命感をもって仕事をすることは、皆さま方に良い医療、良い看護を提供し、元気になっていただくための基本であることを皆で共有していきたいと思います。

②人材育成・業務改善・チーム医療推進による働き方の改革
働き方改革関連法が施行され、医療の世界、とくに長時間労働の代名詞となっている医師においても改革が求められています。医療の世界では今まで、命にかかわる仕事であり、患者さんの容態により長時間働くことがむしろ当たり前と思われてきました、しかし、長時間労働は注意力、集中力の低下を招いて、患者さんのためにならない面も多々あります。そのために私たちは、自ら人材育成・業務改善・チーム医療推進を進めると同時に、私たち医療人だけでなく、地域の皆さま方と一緒にこの問題を考えていかなければならないと思っています。本当に必要な医療を本当に必要な時に受けられる医療体制が地域で続けられるよう、病院と地域の皆さまとで良い知恵を絞っていけたらと思います。

③患者さん・職員・地域が元気になる病院
病院はもちろん、病気になって困っている患者さんを助け、元気になっていただくための場所です。そのために私たちは、‘私たちはあたたかいこころと思いやりをもって、いつもみなさまと共にあゆみます’ という病院理念に則り、常に自分の技能を磨き、患者さんを思いやる気持ちを持ち続けていかなければなりません。同時に、患者さんに‘あたたかいこころと思いやり’をもって接するためには、自分達自身も元気でなければならないと思います。
 
 また、病院は、学校や警察などと同様、地域に必要不可欠なインフラではないかと思います。当院の敷地内レストランやカフェも地元資本のもと、リニューアルされます。―地域のことは地域で解決する―当院が地域と一体となり、地域の皆さまに必要とされ、頼りにされ、皆さまと共に歩み続けることができるよう、職員一丸となって歩んでいけたらと思います。

 病院長として、当医療センターがより皆さまのお役に立てるよう引き続き努力して参りますので、令和2年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 

■新年のご挨拶

 〈2020年1月〉

 新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は、明仁上皇から徳仁天皇へ御代の交代が行われ、即位礼正殿の儀をもって内外に即位が宣明されたことにより、新しい時代の到来が期待をもって実感された年でした。徳仁天皇、雅子皇后の誠実で人々に寄り添うお人柄も、明仁上皇、美智子上皇后から引き続く皇室への敬愛と親しみを日本中に拡げていくことと思います。元号も令和と改まりました。令和という元号の由来は、初めて日本の古典(万葉集)から取られたものとされており、麗しく、和やかな時代となることを私たちに期待させてくれる元号ではないかと思います。

 私も昨年4月に病院長を拝命し、今までの立場とは違う責任と新しい業務とを合わせた激動の日々でしたが、幹部職員を始め職員の皆さんの専門職としての使命感に基づいた働き、地域医療連携機関の皆様方のご支援のお陰で、病院長の職務を果たせて参りましたことを改めて感謝申し上げます。昨年9月には、地域医療構想における公立・公的病院の再編成の検討要請で香川県でも4病院が名指しされ、激震が走りました。当院は指摘する医療分野はほとんどないとの評価結果でしたが、今後も各診療分野における医療圏内のニーズに真摯に応えていく必要があります。10月には消費税率改定が行われ、病院運営に与える影響も注視していきたいと思います。

 また昨年はラグビーワールドカップが日本で開催され、日本代表が予選で強豪を次々と倒して8強入りするという快挙を達成しました。前回のイングランド大会の後就任したJ.ジョセフヘッドコーチが掲げた“ONE TEAM”という言葉は、代表の快進撃と併せて大きな反響を呼び、流行語大賞となりました。日本代表は、国籍も社会人としての所属もまちまちな31名の集団が、ワールドカップで8強入りするという共通の目標を掲げ、文字通り1つの家族となってそれぞれの役割を果たすことにより、目標を達成し、日本中に大きな感動を与えました。病院も、役割の異なる様々な専門職の集団であり、病める患者さんを救い、元気を取り戻していただくという共通の目標に向かって、各自が自分の役割を認識し、お互いの役割を尊重して信頼し、“ONE TEAM”として協力し合って初めて、その目標を達成できる組織であることは同じです。職員一同、“あたたかいこころと思いやりをもっていつもみなさまと共に歩みます”という病院理念を共有して、地域医療に貢献していきたいと思います。

 さらに、少子高齢化が進行し、地方の医師不足・高齢化が叫ばれる中で、皆が穏やかに過ごせるよう地域医療を守っていくためには、病院職員はもとより、地域連携医療機関の先生方、また地域住民の皆様と共に、皆が“ONE TEAM”として、医療や介護を一緒に担っていく地域となることが、地域包括ケアシステムの理念ではないかと思います。当院の各診療分野の医療圏の中で、開かれた病院として連携医療機関の先生方に信頼される病院、地域の皆様に親しまれ、必要とされる病院として存続していくために、今後も医療体制の充実・広報に努めると共に、連携医療機関の先生方、行政の方との様々な連携、病院フェスティバル、公開講座、出前講座など地域住民の方への情報発信も引き続き強化していきたいと思います。

 本年も当院に変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。