症例報告このページを印刷する - 症例報告

 臨床研修において、診断及び治療能力の向上を図っていくためには、個々の症例を深く掘り下げて検討することが大切です。また、病歴や現症を簡潔に伝える能力は、医療現場においてチーム医療を実践する上での重要なコミュニケーションスキルです。

 当院では臨床研修の 一環として、通常の診療科内でのカンファレンスに加えて、若手看護師及び教育研修部に所属する医師(初期・後期研修医(専修医))を対象とした院内症例検討会を定期的に開催し、症例を要約、考察し、上手にプレゼンテーションする能力の向上をめざしています。様々な診療科の指導医が参加するため、斬新な視点からのアドバイスや、見落としがちな点の指導が受けられます。

 院内症例検討会発表での経験をふまえて、各人で学会、研究会での発表を活発に行っています。