初期臨床研修医募集(おとなプログラム)このページを印刷する - 初期臨床研修医募集(おとなプログラム)

…誕生からみとりまでの総合医療を提供します… 

 善通寺病院と香川小児病院が統合し、国立病院機構(NHO)における四国の基幹医療施設として平成25年5月に開院しました。成育医療部門は、名実共に四国の小児医療の砦としての役割を担います。成人医療部門には、血管内治療を行う循環器病・脳卒中センター、骨・運動器センター、女性医療センターが開設されています。ER型の救急部門(28床)は西日本で最初に小児救命救急センターの指定を受け、災害拠点病院としてヘリポートも設置されています。また臨床研究部門を持ち、医療の質の向上をめざした研究を行っています。NHOの使命として研修医をはじめ医療従事者の育成にも注力しており、NHO全体の様々な研修会に参加できます。 

 統合時に医療機器も320列マルチスライスCTや3TMRIなど最新鋭の機種に更新され、医療に集中できる環境で研修ができます。循環器内科、外科、脳外科、整形外科、麻酔科、救急などは、小児と成人両方の診療科が充実している利点を最大限に生かすことが可能です。また、NHO間の連携を生かし、関門医療センターなど他のNHO施設での研修も一部組み入れることが可能です。

当院の初期研修プログラムは、
  1. 将来小児科をはじめとする小児医療に携わることを希望される研修医の皆さんに、他では経験できない総合的かつ密度の濃い最適の研修プログラムを提供いたします。
  2. 成人領域では複数の地域・タイプの異なる定評ある研修病院を協力病院として一部選択可能とし、小児領域だけでなく成人領域においても個々のニーズに合わせた充実した研修ができるプログラムを提供いたします。

■2021年度初期臨床研修医募集を以下の要領で行います

研修医室
病院見学を随時受け付ています。

希望される方は、卒後臨床研修担当者(下記連絡先)までご連絡下さい。
遠来の方には、当院宿泊施設も提供可能です。

■募集要項(2021年度)

1.募集定員 四国こどもとおとなの医療センター初期臨床研修プログラム(おとな)…4名予定
2.応募資格 ○次の号すべてに該当するもの
  1. 医師免許取得者又は令和2年度の修得見込者
  2. 日本医師臨床研修マッチングプログラム参加者IDの修得者又は見込者
3.出願書類
  1. 履歴書
  2. 最終学校卒業(見込み)証明書
  3. 2021年度初期臨床研修申請用紙 (Wordが開きます)
4.申請期限及び試験・面接日時 ○第1回
申請期限:2020年8月3日(月) / 試験・面接日時 (予定): 8月9日(日)
○第2回
申請期限:2020年8月31日(月) / 試験・面接日時 (予定): 9月6日(日)
(都合がつかない場合は個別に調整します。)
5.選考方法 小論文および面接に基づいたマッチングの結果により選考
6.試験・面接場所 国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター
7.待遇 ○身分  独立行政法人国立病院機構期間職員(研修医)
○給与  1年次 月額約343,000円+時間外手当+当(副)直手当
     2年次 月額約368,000円+時間外手当+当(副)直手当
○手当  当(副)直手当、時間外手当、救急手当、通勤手当、別途年2回賞与あり
○保険  社会保険、雇用保険、厚生年金加入
○休暇  有給休暇有(1年目10日、2年目11日)
○宿舎  敷地内単身宿舎(1DK、徒歩1分)と
     敷地外病院宿舎(新築~築浅、9畳の1K, 1LDK(単身用)から3LDK(家族用)まで、
     病院から車5分)を用意しています。
8.問い合わせ先及び提出先申請書類 〒765-8507
善通寺市仙遊町2丁目1-1 
独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター 教育研修部(医師部門)
TEL 0877-62-1000
FAX 0877-62-6311
E-mail : 518-dr.kyouiku@mail.hosp.go.jp
教育研修部副部長 新居 章 
 
6F 骨運動器センター                      7F 女性医療センター
 

2021年度 初期医師臨床研修プログラム(おとな)


○研修期間・内容



プログラム(例)


*当院での研修期間中、救急の研修として月3~4回救命救急センター等での副直研修を指導医の下で行う。
*将来専攻する診療科および関連の深い診療科での研修期間・時期は、適宜調整する。
*救急は当院救命救急センターあるいはICU/CCU/SCUでの研修を基本とする。
*精神科等の必修経験項目は選択必修あるいは選択期間で経験できるように調整する。
*協力病院、協力施設の選択は、希望により調整する。 


 
 

 

プログラムの運用について
将来専攻したいと考えている分野、診療科での専門研修との 一体的な研修ができるよう、初期研修の段階から2年後の後期専門研修を視野に入れ、スムースな専門診療科での研修が開始できるプログラムを提供します。プログラムの自由度が高く、成人に加えて多彩な小児関連部門をもつことより、とくに外科系や循環器系に興味をもつ方には、選択期間において専門研修に結びつく様々な研修の場を提供することができるプログラムです。