「プペルバス」がやってきた!このページを印刷する - 「プペルバス」がやってきた!

tプペルバスバナー.jpg

  令和3年1月20日、「プペルバス」が四国こどもとおとなの医療センターにやってきました。
「プペルバス」とは、お笑い芸人でもあり絵本作家としても活動されている、西野亮廣さんが手がけた「えんとつ町のプペル」という絵本の挿絵を乗せたバスです。各地で開催されていた「光る絵本展」に行くことができない子どもたちのために、走る個展会場としてボランティアで全国各地を巡回しています。

 今回のこの個展は、当院に2013年から2016年まで入院し、2歳10ヶ月で旅立たれた西谷まどかさんとそのお母様からプレゼントしていただいたものです。 闘病中の患者さんとそのご家族に少しでも楽しみを届けられるように、そして病院の職員にも少しでも安らぐ時間があるようにという想いから届けられました。

 

 本来であれば暗いバスの中での展示ですが、残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、バスの中ではなく院内のアートスペースでの展示となりました。真っ暗ではない場所でしたが、淡く光る絵本はとてもきれいで、通りがかる患者さんや職員も、写真を撮ったり、間近で光を楽しんだりしており、和やかな雰囲気で開催できたのではないかと思います。

 コロナ禍でのイベントの開催のため、実現できなかったこともありますが、結果的には患者さんやそのご家族、職員に喜んでもらうことができ、大変うれしく思っております。 最後になりましたが、開催にあたりご協力いただいた、西谷さんをはじめ、プペルバスのボランティアの方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 このイベントの模様は、患者さん向けの院内テレビ局で放映しています。