臨床研究部だよりこのページを印刷する - 臨床研究部だより

news letterはこちら


臨床研究部は、何をしているのですか?

国立病院機構の病院の使命は、診療・臨床研究・教育研修を3本柱とし、
より良い医療従事者を育成して良質の医療を提供していくことにあります。
臨床研究部は、その中の臨床研究活動を活発に行い、
医療の質をさらに向上させるために、
研究力の高い全国の主要病院に設置されている部門です。
当院臨床研究部は、1部6研究室から構成されています。

 ♦ 成育医療と臨床研究

胎児から新生児、乳児、小児、思春期を経て成人し、次の世代を育成するまでのライフサイクルにおいては、受精、出生、成長発達、性成熟して妊娠し、次世代を 形成していくために私たちの体は変化していきます。

成育医療とは、このような時期に起こる疾病や心身の問題に対処するための医療であり、小児期に限定せず、広く若い世代のための総合的医療をいいます。

当院臨床研究部(成育医療部門、4研究室)は、この分野の臨床研究、情報発信を行う役割を担っています。

機構内研究組織では、成育医療領域研究グループのコア・メンバーであり、トップクラスの研究業績評価を得ています。

専任職員

前田和寿
前田和寿
臨床研究部長代行、副院長

片島るみ
片島るみ
小児ゲノム医療研究室長

山口知子
山口知子
治験管理室主任

 
組織構成と室長
 

周産期医療研究室
檜尾健二 不妊治療センター科長併任

小児ゲノム医療研究室
片島るみ 専任

難病性疾患研究室
永井功造 小児血液・腫瘍内科医長併任

治験管理室
前田和寿 併任(山口治験主任)

 ♦ 循環器疾患、血管病変と臨床研究

高齢化の進行と共に、動脈硬化が原因となって血管が閉塞する病気(心筋梗塞、脳卒中)や骨・運動器の病気(骨粗鬆症など)が増加しています。

当院臨床研究部(循環器部門、2研究室)は、これらの疾患に対する病態の解明、カテーテル治療や手術によるより良い治療法の開発、予後改善に関する研究を精力的に行っています。

組織構成と室長

病因病態研究室
東野恒作 統括診療部長併任

脈管治療研究室
竹谷義雄 循環器病センター部長併任

♦2021年度臨床研究部講座

  
講座名 日時(予定)
1. 研究をはじめよう
 ~Clinical Question、Research Questionとは~
6月3日(木)
17:30~18:00
2. 文献を検索して論文を読もう 7月2日(金)
17:30~18:00
3. 倫理審査委員会への申請 7月29日(木)
17:30~18:00
4. 臨床研究における同意取得方法 8月26日(木)
17:30~18:00
5.統計入門 9月16日(木)
17:30~18:00
6. 特別集中講義1  ~院内雑誌への投稿 初心者編 1~ 10月21日(木)
17:30~18:00
7. 特別集中講義2  ~院内雑誌への投稿 初心者編 2~ 11月18日(木)
17:30~18:00
8. 治験を進めよう  ~CRCの活動~ 12月16日(木)
17:30~18:00
9. 学会での発表のコツ 1月20日(木)
17:30~18:00
10. 症例報告・論文を書こう 2月17日(木)
17:30~18:00


臨床研究部の、研究室はどこにありますか?

臨床研究部の研究室は、4階北西部の広いスペースに配置されています。
先天性疾患や遺伝子と疾患との関与を解析するための研究室に、
最新の研究機器が配備されています。

臨床研究部MAP

DNA研究室
DNA研究室

遺伝子組み換え研究室
遺伝子組み換え研究室

RNA研究室
RNA研究室

生化学・蛋白研究室
生化学・蛋白研究室

染色体研究室
染色体研究室

培養室
培養室

低温実験室・前室
低温実験室・前室

治験情報管理室
治験情報管理室

臨床研究部は、どんな研究をしていますか?

 ♦ 現在行っている主要研究テーマ

 ♦ 最近の研究活動、成果

 ♦ 公的研究費等の取扱

 ♦ 臨床研究のお知らせ